今日知ったこと Mac OSXでCPUコア構成を表示する hwloc-ls

ターミナルからコマンドでasciiアート図表示してくれて便利。 Homebrew等でインストールしておく必要がありますが、

brew tap homebrew/science
brew install hwloc

で準備OKです。コマンド"hwloc-ls"

hwloc-ls --output-format ascii

すると、 f:id:osamuk:20160211112831p:plain:w300 こんなかんじでasciiアート図が出ます。

Rubyで[].all?がtrueになるのはなぜ?

[2] pry(main)> [].all?
=> true

こちらに

The method returns true if the block never returns false or nil. ruby's "any?" and "all?" methods behaviour on Empty Arrays and Hashes - Stack Overflow

ブロックがfalseかnilを返さない場合、all?はtrueを返す。 偽である要素があればfalseを返し、なければtrueを返す。 [].all?の場合は、偽である要素が無いので、trueとな。

MacBook Pro Late 2013 SDカードスロットが不調だったけど復活したのでうれしい、けどちょっと驚いた件

愛機MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)。 SDカードスロットはこれまでほとんど使っていなかったのだが、最近使ってみたら、SDカードを認識したりしなかったり。複数のメディアで試したけどどれも接続が安定せず...。接触悪いのかと思って「SDスロットクリーナー」なるものを買って、MacBook ProのSDカードスロットに抜き差ししてみること10回ほど。結果の写真がこれ。
f:id:osamuk:20151123183651j:plain:w150 左が使用後、右が使用前。「SDスロットクリーナー」のピンクのところが微粒子研磨剤とのことなのですが、左側の黒い複数の縦筋、べつに鉛筆で描いたのではありません。スロットに抜き差ししただけで、この黒筋です! まったく「え!私のSDカードスロットの接点こんなに汚れてたの?」ですわ。めでたくSDカードを安定して認識してくれるようになりました。 今後はSDカードスロットには常時SDカードアダプタを挿したままにしとこぅっと。

今さらやったこと AWS S3 で静的HTMLページのホスティング

個人的なサイトで、静的なHTMLだけ使っているのがあって、それいままでHerokuでnode.js使ってた。
(これ個人的に大昔にちぃっちゃなRailsアプリとして作って、その後Node.jsに変えてもっと少ないコードで出来ちゃって、さらにその後ブラウザのJavaScriptだけでjQuery使ったら数十行のコードでできちゃってWebサーバ側の機能いらなくなって...と紆余曲折で今に至るのだ)

Herokuではおおむね、こちらHeroku で 3 分で静的サイトを公開しよう - Null.lyやこちらHerokuに手っ取り早く静的サイトをデプロイする(node版) - Qiitaのようなことやって静的なHTMLファイルをホストしてました。
Heroku小さいアプリなら無料で使い続けられるのでいいんですよね。ちなみにHerokuこのまえ料金体系が変わった Heroku | New Dyno Types and Pricing Public Betaのですが、自分が使うのは、私だけが時々アクセスするだけのWebアプリので無問題でした。

なんとなくAWS S3を使って静的HTMLをホストしてみようかと。これまでAWSは使ってなかった。わずかとはいえ料金が発生するのをけちっていたのだ! でもAWSをちょっとぐらいさわってみたかったので、いざ。

Amazon S3による静的Webサイトホスティング
Amazon S3 での静的ウェブサイトのホスティング - Amazon Simple Storage Service

上参考にしたら、結構サクッとできました。AWS手始めにはちょうどいい。

今日知ったこと ja.netbeans のマスコット「ねこび〜ん」に驚かされた。それはともかく、書籍「APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート」は読みごたえあったな

知らなかったよ「ねこび〜ん」!!!。ちょっとキャラがNetBeans公式サイトと違い過ぎでは...。

えーそれはともかく、Eclipseの影に隠れがちに思うNetBeans開発の経験から、Javaで良いライブラリ(API)とはどのようなもので、それをどう作るか、について描かれた本を読んだ。

APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート

Java本で久々読み応えのある内容でした。実際の経験から導き出された内容が、心にひびきます。

いつか調べたい PowerShell Desired State Configuration(DSC)

クラウド複数サーバインスタンス管理とかで使える、 自動構築ツール、冪等性(べきとうせい)をもって、システムを同じ状態に設定してくれる。unix系だと ChefPuppet などあるが、

WindowsでもPowerShellを使ったDesired State Configuration(DSC)がある。 メモメモ

UMLとかCMMは最近どうなのか

UMLとかCMMについて最近どうなのかgoogleトレンドに聞いてみた。 f:id:osamuk:20150322162241p:plain

まあそんなもんかなと。 GoogleとかTwitterとかFacebookとかから、UMLとかCMMの話、聞かないしね。

クラス図とかシーケンス図描いて、”ソフトウエアの設計しました”って、
なんというか、車にたとえたら、 f:id:osamuk:20150322163053p:plain
こういう絵を描いて、”車の設計できました”、って言ってるのに近いことが多いんじゃないかなと思うわけですよ。わはしハード機械は素人ではありますが。
CMMについては、UMLとは全く別物であるのに、上のgoogleトレンド グラフの傾向がとても近いのは興味深いな。