RubyでHTMLスクレイピング Oga

GitHub - YorickPeterse/oga: Oga is an XML/HTML parser written in Ruby.

以前はTutorials - Nokogiri 鋸を使っていましたが、依存関係をなくそう : Rubyアプリ・Gemの開発者への提言 | プログラミング | POSTDこちらを読んだら、最近はOgaがよさそう。

サクッとインストール

$ gem install oga

スクレイピングとは違いますが、RSSをプルパーサーでみるのはこんな感じで

require 'Oga'
require 'open-uri'
rss = open("http://www.amazon.co.jp/rss/bestsellers/books")
parser = Oga::XML::PullParser.new(rss)
parser.parse do |node|
   parser.on(:text) do  
     puts node.text unless node.text.strip.empty?    
   end    
end  

結果

Amazon.co.jp: 本のベストセラー
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=pd_zg_rss_ts_b_books_c
Fri, 4 Mar 2016 12:47:14 GMT
Fri, 4 Mar 2016 12:47:14 GMT
60
Amazon Community RSS 2.0
ja-jp
Copyright 2016, Amazon.com
...

こちらに参考にさせていただきました。
Ogaってゆー新しいXML/HTMLパーサーについて - Qiita

Ruby Programmer Silver version 2.1/Ruby Programmer Gold version 2.1

せっかくなので記念に貼っておきます。

f:id:osamuk:20160212190742p:plain:w150 f:id:osamuk:20160219211947p:plain:w150

もしかして最高齢認定者じゃないかと思っている。

今日知ったこと Mac OSXでCPUコア構成を表示する hwloc-ls

ターミナルからコマンドでasciiアート図表示してくれて便利。 Homebrew等でインストールしておく必要がありますが、

brew tap homebrew/science
brew install hwloc

で準備OKです。コマンド"hwloc-ls"

hwloc-ls --output-format ascii

すると、 f:id:osamuk:20160211112831p:plain:w300 こんなかんじでasciiアート図が出ます。

Rubyで[].all?がtrueになるのはなぜ?

[2] pry(main)> [].all?
=> true

こちらに

The method returns true if the block never returns false or nil. ruby's "any?" and "all?" methods behaviour on Empty Arrays and Hashes - Stack Overflow

ブロックがfalseかnilを返さない場合、all?はtrueを返す。 偽である要素があればfalseを返し、なければtrueを返す。 [].all?の場合は、偽である要素が無いので、trueとな。

MacBook Pro Late 2013 SDカードスロットが不調だったけど復活したのでうれしい、けどちょっと驚いた件

愛機MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)。 SDカードスロットはこれまでほとんど使っていなかったのだが、最近使ってみたら、SDカードを認識したりしなかったり。複数のメディアで試したけどどれも接続が安定せず...。接触悪いのかと思って「SDスロットクリーナー」なるものを買って、MacBook ProのSDカードスロットに抜き差ししてみること10回ほど。結果の写真がこれ。
f:id:osamuk:20151123183651j:plain:w150 左が使用後、右が使用前。「SDスロットクリーナー」のピンクのところが微粒子研磨剤とのことなのですが、左側の黒い複数の縦筋、べつに鉛筆で描いたのではありません。スロットに抜き差ししただけで、この黒筋です! まったく「え!私のSDカードスロットの接点こんなに汚れてたの?」ですわ。めでたくSDカードを安定して認識してくれるようになりました。 今後はSDカードスロットには常時SDカードアダプタを挿したままにしとこぅっと。

今さらやったこと AWS S3 で静的HTMLページのホスティング

個人的なサイトで、静的なHTMLだけ使っているのがあって、それいままでHerokuでnode.js使ってた。
(これ個人的に大昔にちぃっちゃなRailsアプリとして作って、その後Node.jsに変えてもっと少ないコードで出来ちゃって、さらにその後ブラウザのJavaScriptだけでjQuery使ったら数十行のコードでできちゃってWebサーバ側の機能いらなくなって...と紆余曲折で今に至るのだ)

Herokuではおおむね、こちらHeroku で 3 分で静的サイトを公開しよう - Null.lyやこちらHerokuに手っ取り早く静的サイトをデプロイする(node版) - Qiitaのようなことやって静的なHTMLファイルをホストしてました。
Heroku小さいアプリなら無料で使い続けられるのでいいんですよね。ちなみにHerokuこのまえ料金体系が変わった Heroku | New Dyno Types and Pricing Public Betaのですが、自分が使うのは、私だけが時々アクセスするだけのWebアプリので無問題でした。

なんとなくAWS S3を使って静的HTMLをホストしてみようかと。これまでAWSは使ってなかった。わずかとはいえ料金が発生するのをけちっていたのだ! でもAWSをちょっとぐらいさわってみたかったので、いざ。

Amazon S3による静的Webサイトホスティング
Amazon S3 での静的ウェブサイトのホスティング - Amazon Simple Storage Service

上参考にしたら、結構サクッとできました。AWS手始めにはちょうどいい。

今日知ったこと ja.netbeans のマスコット「ねこび〜ん」に驚かされた。それはともかく、書籍「APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート」は読みごたえあったな

知らなかったよ「ねこび〜ん」!!!。ちょっとキャラがNetBeans公式サイトと違い過ぎでは...。

えーそれはともかく、Eclipseの影に隠れがちに思うNetBeans開発の経験から、Javaで良いライブラリ(API)とはどのようなもので、それをどう作るか、について描かれた本を読んだ。

APIデザインの極意 Java/NetBeansアーキテクト探究ノート

Java本で久々読み応えのある内容でした。実際の経験から導き出された内容が、心にひびきます。