読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac OSX Time Machine ローカルバックアップ(ローカルスナップショット)を無効にする

Mac OSX Lion のTime Machineがネットにつながって無いときはローカルHDDにバックアップするようになりましたが(ローカルスナップショット)、うちのmacは基本持ち出ししなくて常時家のTime Capsuleにつながってるし、HDDを際限なくバックアップ領域で使われてしまうのが気分よくないので、わたしはローカルバックアップ無効にしてます。まあ、ちゃんと空き容量が減ってきたらバックアップを削除してくれるらしいのですが。
ところが最近いつの間にかローカルバックアップが有効になってた。OSX 10.7.3 に上げたとき有効になったっぽい。また無効にしました。

sudo tmutil disablelocal

ちなみに、無効から有効にするとローカルのバックアップが消えるようなので、すでに作られたバックアップを消してから無効にするために、

sudo tmutil disablelocal
sudo tmutil enablelocal
sudo tmutil disablelocal

としてます。