読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日知ったこと Windowsで音声プログラミング Microsoft.Speech と System.Speech の違い

タイトル書いたら「音声プログラミング」ってなんかヘンだな。ソースコードを音声入力で書く...、とかじゃないですよ。Windows音声合成でしゃべらせたり音声認識に関するライブラリを使うってことです。
音声認識 - .NET デスクトップ アプリと音声認識

結論として、音声の使用経験が少ない方が .NET アプリに音声を追加する場合は、System.Speech ライブラリではなく Microsoft.Speech ライブラリを使用することをお勧めします。

...

System.Speech DLL は OS に組み込まれているため、すべての Windows コンピューターにインストールされています。Microsoft.Speech DLL (および関連ランタイムと言語) は、コンピューターにダウンロードしてインストールする必要があります。System.Speech による音声認識は、通常ユーザーのトレーニングが必要です。このトレーニングでは、ユーザーがいくつかのテキストを読み上げ、特定のユーザーの発音を認識するようにシステムが学習します。Microsoft.Speech による音声認識は、すべてのユーザーに対してすぐに動作します。System.Speech はほとんどすべての語を認識できます (自由発話のディクテーション) が、Microsoft.Speech はプログラムで定義した Grammar に当てはまる語やフレーズのみを認識します。 .NET デスクトップ アプリと音声認識

上の記事にMicrosoft.Speech と System.Speech の比較がわかりやすい表になっています。